プロフィール

葉月 司

Author:葉月 司
普段はつかさで通すことが多かったり。
理由は…特にはないけど、ひらがなの方がやわらかい感じがするから、かな?


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム


FC2カウンター


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:日常

最近ホットワインにハマってます。(ぉ
いぁ、この頃はなんだか寒くなってきましたし。ちょうどいいんですよ。ホットなワイン。
ちびちびと飲みながらチョコを食べて、音楽を流しながらSSを書く!それが最近のマイブーム。
これで貴方も優雅な一時を!
…まぁ、そんな冗談は置いておいて。
お酒はあまり強いほうではないので、基本的に一杯しか飲まないのですが、それでも身体にアルコールが回ってくると、なんとなく思うことがあります。
あぁ、これって多分タバコと同じような症状なのかなって。
多分、この全身を回るどろどろとした倦怠感のようなものに溺れるんだろうなぁって。実際にタバコは吸ったことがないのでよくわからないですけど。
そんなことを考えていたら、ふと最近にこれと似た感覚を味わった本があったなぁとか思い出しました。
西尾維新さんの新作「不思議で素朴な囲われた世界」。
相変わらず、すごいです。
何がすごいって、すごいと表現するしかないところがすごいです。
これは…中毒になる。読み終わった後に頭がくらくらしましたし。本当に暫く抜け出せなかった…。
とにかく伏線の回収の仕方が自然すぎて、読み終わった後にふと思い出して愕然。結局2回読んでしまいましたし。
あと、推理物じゃないミステリーってのが素敵です。(ぉ
この物語の中で行われる一連の動作は推理じゃなくて、推測。
言われてみれば確かにそうなんですよね。
推理とはありとあらゆる証拠から覆しようのない事実を見つけ、そこから新しい事実を導き出す行為。
でもこの主人公達はその証拠を持っていなくて。あくまでも仮想現場を想定して推測を行っていく。
推理と推測がこんなにも明確に線引きされている作品もけっこう珍しいんじゃないかなぁ。
いぁ。単に普段から推理物を私が読んでないだけかな?
ともあれ。
こんな中毒を普段から味わってると想像すると…タバコを吸う人がなかなか止められない理由って、なんとなくわかるなぁ。。。

閑話休題。

つまり、今回のこの「不思議で素朴な囲われた世界」に対する感想を一言で述べるとするなら…








結局、ついぞ一言も何も喋らなかった病院坂先輩に尊敬の念を抱かざるを得ないwww



―――――――――――――――――――――――――



小説なのに一言も喋らないっていう発想の転換がすごいwww

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 不思議なアリスの箱庭 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。